【レッスン動画】スイングにローテーションはあるのか?

ゴルフスイングを作っていくうえで、いろんな動作を覚えると思います。それはまるで粘土に粘土を足して大きくしていくような作業です。しばらく続けていると誰しもがふと気づくことですが「一体いくつの動きを覚えたらいいのだろう?」「最初の頃に覚えた動きは出来ているのだろうか?」「いや、そもそもそんな動作は必要なのか?」なんて思えてくるものです。

そのうちの1つとして腕のローテーションがあります。キャンバスゴルフ的には腕のローテーションとは上腕の内・外旋および前腕の回内・外の組み合わせによって為されると定義しています。このローテーションの動きが実際のところあるのか?ないのか?について今回は動画でお話させていただきました。

結論からすると、ある」と言うのが答えになります。ただ、1点注意点があってそれは「ある・ない」といった表現が客観的または主観的に用いられているかどうかが大事であるということです。やってないつもりでも、映像ではやっている。やってるつもりで映像ではやれていない。やらないつもりで映像でもやっていない。などなど、パターンはいくつかあります。自分で練習するときにも、コーチに教えてもらうときにも、友達に教えるときにもこの辺りは気を付けておくと良いでしょう。今回はこれについて詳しく話させていただきました!是非ご覧ください。

今日のひとこと「相手の目線になって言葉を選ぼう」アッキー永井

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です