【最新レッスン動画】ディロフト維持感覚

ゴルファーの多くがアイアンの飛距離が伸びなかったり、グリーン周りでのアプローチのミスに頭を悩ませています。その中でも特に大きな原因の一つが「手の使い過ぎ」です。結果的にインパクトですくい打ちのような形になってしまい、ダフリやトップを誘発してしまうのです。

しかし、「すくい打ち=NG」というのは周知の事実。むしろ本当の問題はなぜそれにも関わらずすくい打ちになってしまうのかという点です。

結論から言うと、スイング中に体の運動量が落ちると相対的にクラブの勢いが増してしまいヘッドに追い抜かれてしまうのが原因です。どんなときにこうなるかというと、インパクト時に爆発的にパワーを出そうと思うとついつい体を急停止してしまうことがあります。なので、どちらかというと適性なロフトのままフォロースルーまで流れるように動くためには、あまりスイングのスピードを緩急を付けずに動き続けることなのです。

ディロフト維持感覚に関するレッスン動画

動画内に関することでご質問がありましたら、アッキー永井までお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です