【最新レッスン動画】Xファクターの落とし穴

「体を捻じれば飛ぶ」は本当か!?

ゴルフにおいて飛距離は大きな武器になります。また、飛距離がでるスイングというのは力の伝達効率が良く、スイングそのもののクオリティも高いと考えられるので、距離を出すことに焦点を合わせてスイング改善に取り組む方も少なくないはずです。そんな飛距離アップのための数あるレッスンの中でも、特によく聞くのが「体をねじれ」「捻転差を作れ」と言ったフレーズです。スイングにおいてそのスムーズな動きを妨げる最も大きな要因は「力み」です。でも、パワフルなスイングをするためには少なからずクラブに力を与えなければいけません。となると、いったいどうやって「力まずに力を出せるのか??」という疑問が生まれますよね。

そこで有効利用できるのが「自然な体の仕組み」なのです。人間の筋肉というのはゴムのような性質を持っていて、伸ばされた状態から縮もうとするときに最大の力を発揮します。この時の本人感覚としてはあまり意識的に力を発揮する感覚はありません。むしろ伸ばされたものを、元のポジションに戻そうと思うだけで筋肉を働かせることが出来ます。こうした体の使い方をするために、全身を同じ方向へ同じだけ回転させるのではなく、腰の回転量と肩の回転量に差を作ることで体を雑巾しぼりのようにねじり、筋肉を伸ばすことが推奨されています。

しかし、この体の使い方にはいくつか注意すべき点があります。腰に対して肩の方が深く回転しているので、ダウンスイングでは回転量の差を埋めるようにして動かなければなりません。これが上手くできれば上半身は筋肉を元の長さに戻そうとして大きな力を発揮します。でも、もし「大きな力」がそもそも備わっていなかった??捻じった体を元に戻すだけの体幹の力がない場合、結局上半身だけが遅れたままインパクトを迎えてしまいます。こうなるといわゆる振り遅れという状態で、腕が胸の向きよりも右後ろに残ったままインパクトします。もちろんボールに伝わるエネルギーは小さくなり、むしろ飛距離は落ちてしまいます。

したがって体をとにかく捻じれば飛ぶ!」という訳ではないのです。今回はこの点についてお話させていただきました!是非動画も併せてご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です