【最新レッスン動画】スイングの要、体重移動は左右だけじゃない!?

手打ちを卒業するために。

ゴルフスイングにおいて最も嫌われるのは「力み」「手打ち」。どうしてもちゃんと当てたいという気持ちから、身体の細かいパーツや不要な部位へ力が入ってしまうものです。そこで先ずは皆さんが取り組むのはいかに体で打つということ!分かりやすい取り組みとしてはステップ打ちなどのドリルを行って、体重を左右に揺さぶることでクラブや腕に遠心力がかかり、自然とスイングができるように練習するものです。こういった練習をしっかりすることで、手打ちを実際に卒業しインパクトも安定してくるものです。

体重移動にやりすぎ注意!?

今回のテーマはここに少し気を付けなければならないポイントがあるという話です。一般的に「体重移動」と聞くと、バックスイングでは右に、ダウンスイングでは左に体重を乗せ換えることをいいます。しかし、この動きがあまりに大げさになってしまうとバックスイングやダウンスイングで腰が横にながれるスウェイやスライドといったエラーに繋がることがあるのです。腰のポジションがヒザのラインよりも横に移動すると、股関節が動けなくなってしまい体の回転が止まってしまうことがあります。体の回転が止まると、それを受けて急激に腕が加速してフェース面の向きが安定しなかったりインパクトも不安定になってしまうことがあるのです。

では、どんな風に体重移動をすべきかと言うと「前後にも移動がある」ということをまず知ってほしいのです。スイングすることでクラブが自分の体の周りを猛スピードで動くわけですから、その遠心力と常に引き合う関係を保ちながら体を回すということは、体重は単純に右から左ではなく、前後への移動もあるべきなのです。

今回はこの前後への体重移動を含めたスイング動作についてドリルを交えてお話させていただきました!是非動画もご覧ください。ちなみに撮影した場所はタイにある「ブラックマウンテンゴルフクラブ」というゴルフ場で、なかなか景観もきれいなのでこちらも要チェックです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です