【最新レッスン動画】プロみたいな右腕の使い方

アマチュアゴルファーにおいて利き腕である右腕(または手)の使い過ぎはミスショットに繋がることが多いです。例えばインパクトゾーンでのすくい打ち、ダウンスイング時の右わきの開きなどが特に多いケースではないでしょうか。そこで今回はプロゴルファーみたいな右腕の形になるためには、どんな使い方をしたら良いか?についてお話させていただきます。

上腕ニュートラル・前腕外回り・手首甲側

突然ですが、見出し=結論となります。(笑 ダウンスイング~インパクトにかけての右腕は、上腕はニュートラル、前腕は外回り、手首は甲側へ折れるように動いていきます。これによって、腕セットを正面に留めながらもクラブだけが体よりも後からくる形を作ることができます。さらに、後から来る=フェースがオープンなまま降りてくるわけですが、そこについては手首を甲側へ折る動きによって相殺するわけです。

但し、この形はあくまでサンプルであって肩回りの柔軟性や打ちたい弾道などによっても微妙に変化します。例えば強めに右に打ち出したければ上腕はニュートラルではなくて外旋位で使うこともあることでしょう。あくまで今回は、一般的に言われるプロらしい右腕使いを説明させていただいています。

完全な習得へ向けて

今回はまず形を覚えてしまおうということで、文字通り「右腕の使い方」をレクチャーさせていただきました。しかし、最終的な目標は「やってる感覚なしに出来ること」です。やはり自分の意思で行っている以上はうっかり忘れてしまったりとか、やりすぎてしまうというリスクがあります。実を言うと、今回の右腕使いというのは腕と体幹のコネクションがしっかりしていて肘から下が脱力していれば体の回転によって自然発生するものなのです。たくさん繰り返し練習をしている中で、「あれ?これってやろうとしなくてもできるじゃん!」といった感覚が芽生えてくれば習得したと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です