【最新レッスン動画】インパクトで体が開いているべきなのはなぜか?

今回はインパクト時に体は開いていて良いのかどうなのかについての見解をお話させていただきました。昔から体が開くと球が捕まらないから、胸を閉じろとはよく言われてきたものです。しかしながら、実際にトッププロのスイングをまじまじと観察すると胸を閉じて打っている選手というのはほぼ見当たりません。一体この矛盾はなぜ起きるのでしょう?

まずは効率的なインパクトを考える

体の開き云々に言及する前に、まずは効率的なインパクトについて考えましょう。クラブとボールの接触(インパクト)について考えると、ベストタイミングはクラブヘッドが最速を迎える一瞬前となります。なぜなら、最速地点で打つ場合はインパクトの衝撃によってクラブヘッドは直ちに減速を始めるからです。一方で、最速手前でインパクトを迎える場合はクラブヘッドが加速中なのでインパクトの衝撃があっても、少しばかりボールを押し込むように動かすことができます。この「接触時間」が伝わるエネルギーに大きな差を生むのです。

この「最速のちょっと手前が良い」という考え方を、人体にも当てはめると以下のようになります。

・クラブは手元に対し、最速になるちょっと手前が良い。
・腕は胸に対し、最速になるちょっと手前が良い。
・胸は骨盤に対し、最速になるちょっと手前が良い。

これは全てを実際にやると、クラブ、腕、胸は腰の向きに対して徐々に右を向くことになります。自分の体に対して右後ろに居残りをしているものを、ボールに接触させるには体を全体的に左へ回すことになります。そうすると結果的に体はかなり開いた状態でインパクトを迎えることになるはずなのです。

体が開くとスライスするのはなぜか

体が開いてスライスしたり、球をトップしてしまう場合、その原因の多くは切り返しで下半身よりも先に上半身が開いていってしまうからです。そうすると、どうしてもスイングプレーンの向きがターゲットラインよりも左を向いてしまうのでカット軌道になってしまうのです。体を開くようなフィーリングでダウンスイングをしても、下半身が先行していて捻転差があれば実際のインパクト時ではそこまで極端に上半身が開くことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です