【最新レッスン動画】手元が低いインパクトは本当に良いのか?

「プロのインパクトは手元が低いよね~」ってフレーズ、ゴルファーなら一度は聞いたことあるはず。だけど、手元が低いのって本当に良いことなんでしょうか?昨今道具の性能も変わり続けるなか、本当に効率の良いインパクトとはどんな形なのでしょうか?今回は手元の高さについて考えていきます。

手元の高さはナゼ変わる??

そもそも手元の高さは何故インパクトゾーンで高かったり低かったりと変化するのでしょうか?理由は単純でスイング軌道と同様に、手も体を中心に円を描くようにして運動しています。したがって体の前に手の軌道が描く半円があるとイメージすると、下降していく時間もあれば、その後に上昇していく時間もあるのです。手元が下がっていく過程でボールを捉える場合はクラブが上から入るのでいわゆる「ダウンブロー」なインパクトを作ることが出来ます。逆に手元が上がっていく過程でボールを捉える場合はクラブヘッドがほぼ水平または少しアッパーに動いている時にインパクトを迎えることになり、力が上手く伝わらないと考えられています。

また、ほかにもスイングプレーンが極端にインサイドアウトになると手元が上がったり、逆にアウトサイドインになると手元が下がったりします。

理想的な手元の位置はあるか?

ゴルフの本質を考えると、狙った場所に向けて狙った球が打てることなので「打ち方」に理想論は不要だろう・・・というのがホンネです。が、一応アイアンの性能から考えるとやはり少しばかりのダウンブローかつハンドファーストでのインパクトが効率の良い当て方としての条件だと思います。ポイントは程よい「ダウンブロー」というところで、手元を下げながら打つダウンブローは実は入射角が鋭角過ぎてスピンが増え、かえって距離が落ちてしまうことがあります。ゴルフクラブはグリップとヘッドの位置に距離がある関係で、スイング中軌道のどのあたりにいるのかには時間差があります。要するに手元が上がってきていても、まだクラブヘッドは下降中だったりするのです。そう、この瞬間こそが「ゆるやかなダウンブロー」に当てられる時間です。したがって、手元は最も低い地点を少し過ぎて左手がちょっとだけ上がり始める時にヘッドがボールにコンタクトするのが理想的と言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です