【シャフト試打企画】三菱ケミカル製「Diamana D-Limited」VS「TENSEI CK Pro」

今回はいつものレッスンと違いシャフトの試打比較動画をやってみました。ディアマナとテンセイと言えば今最も売れてる人気シャフトで、PGAツアーでも多くの選手が愛用するモデルです。そして今回使用させていただいたディアマナ D-Limitedは2020年3月に発売されたばかりの最新モデル、その性能はどんなものなのか?

なぜこの2モデルなのか?

通常、新製品のレビューとなると特定の1モデルであったり全く異なる2つのものを比較するのですが、実は今回の2モデルは両方とも「手元調子」のシャフトなんです!手元調子と言えば、球の高さが抑えられたり、左へのミスが軽減されるというのが特徴なわけですが果たしてこの2モデルでどう違うのか?をインプレッションしてみました。

インプレッション

試打をした結果、個人的にはディアマナの方が好みでした。同じ手元調子とは言え、体に返ってくるフィードバックはこの2つでかなり大きな違いがありました。ディアマナは手元よりから全体がしなる感じで、テンセイは手元はしなるが中間~先端がガッシリしており重いフィーリング。私の場合は重さを感じたときについつい手元を進めようと力んでしまう感じがあったのでちょっとアブナイと感じた一方、めっちゃ叩けるなとも感じました。ただ、アイアンからの流れを考えるとやはりディアマナの方が違和感なく繋がるかな~ということでこっちのほうが好きでした。似ているようで全然違う、是非皆様も一度お試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です