【最新レッスン動画】クラブ軌道に固執すると危ないよ!!

ナイスショットを打つための条件として「オンプレーン」に振る。というのがありますが、場合によってはそれがミスショットに繋がってしまうことがあります。一体それはどうゆう状況なのか?今回はクラブ軌道に固執し過ぎてしまうことによる弊害についてお話させていただきました。

なぜオンプレーンスイングが推奨されるのか

まずそもそもオンプレーンだと何が良いのかについておさらいしましょう。ボールの行方を決めるのはフェース面の向きとスイング軌道の組み合わせによると言われています。このことを業界では「飛球法則」というのですが、フェース面はボールの打ち出し方向、スイング軌道はスピン軸に影響するとされています。バックスピンがかかるとボールがホップアップ(上昇)します。これはサッカーボールやピンポン玉などの方が分かりやすいかもしれませんが、実はゴルフボールでも同様の現象が起きています。例えばこのバックスピンが左に傾くと左斜め上にホップアップ、右に傾けば右斜め上にホップアップします。つまりはフックボールとスライスボールのことですね。スイング軌道がオンプレーンにあればおおよそフェースが真っすぐボールにコンタクトするのでバックスピンがきれいに縦方向に入るのでボールが曲がらないと言われています。これが過度にインサイドやアウトサイドから入るとスピン軸が傾いてボールが曲がるとされています。

クラブの通り道は手首の動きで大きく変わる

さて、スイング軌道の大切さがお分かりいただけたかと思いますが、ここからが問題です。ゴルフを上達するために必ずやこの「軌道の管理」に取り組まれることと思いますが、ここにちょっとした落とし穴があるのです。結論から言うと、フェース面の向きとセットで考えないといけませんよ、というお話です。自身のスイングを飛球線後方からビデオ撮影した時、スイング軌道は特に確認するポイントだとは思うのですがこの際に手首の形がどうなっているかをよく見ないといけません。なぜならコックが多めであればクラブは上に上がりやすいし、ヒンジが多めであればクラブは後ろへ回り込みやすいからです。これを知らずにとにかく軌道を管理しようとすると、いたずらに姿勢を変えてしまったり、フェース面の管理がおろそかになります。(コック、ヒンジの意味は動画で。)今回はこの辺りについて動画で詳しく解説させていただきましたので、是非ご覧ください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です