【最新レッスン動画】肩の入れすぎに注意!

良いスイングの1つとして「肩が深く入っている」という要素があります。手打ちのスイングだと、胸は正面を向いているのに手ばかり後ろへ引き上げて肩が全然はいっていないことがあります。この場合、胸の面は腕が体の前に戻ってくるよりもかなり前の段階でターゲットに対して開いていきますのでスライスすることが多いです。そのため、アマチュアへのアドバイスとして「もっと肩を入れろ」なんて言われることがあります。しかし、そんな良いと思われているアクションにも落とし穴がありますので今回はそこんとこ詳しく書きたいと思います。

そもそも肩を入れるメリットとは?

肩を入れることによって体の捻転が深くなります。体が捻じられることで体幹の筋肉にテンションがかかるので、強く切り返すことができるのがポイントです。それから、しっかり肩を入れることで身体開きが抑えられるのでクラブ軌道がインサイドアウトになり球を捕まえやすい。これら2つが一般的に考えられるメリットでしょう。そして何よりかっこよく見えます。

じゃあ落とし穴って何?

肩を入れることのメリットの1つとしてパワーを生み出せることがありました。捻じって引っ張られた筋肉が元の長さに戻ろうとして収縮する(エキセントリックコントラクション)力を利用しているのです。しかし注意しなければならないのは「慣性」というものです。慣性とはある物体はその場所に居留まろうとしたりする力のことです。(詳しくはGOOGLEで調べてください。)

バックスイングで回した体はその方向に対して動き続けようとする力を持っており、その力は自分の質量に応じて強くなります。切り返す素早さが速いほど体への負荷は増します。切り返しが穏やかであれば負荷は軽減できます。切り返しでかかる負荷をしっかり体幹部分の筋肉で受け止めることができれば、ターゲット方向に体を回してくることができるのですが、負荷に耐えられない場合は切り返そうとしても上半身が右に残ったまま下半身だけ左回りしてしまうという現象が起きます。こうなってしまうと打点が著しく狂うのでダフり、トップ、フック、プッシュアウトなど様々なミスを誘発するのです。

なので肩を入れるのは良いのですが、その深さは実は少々個人差があります。体幹の力が強い人は深く入れてもちゃんと切り返しについてくるでしょうし、体幹が弱い人はねじれが強くなってしまって上下半身がバラバラになってしまう可能性があります。

ということで、今回の動画はそんなことが起こらないようにバックスイングでの体の捻じれを制御するちょっとした練習方法を紹介させていただきました!是非ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です