【レッスン動画】右足を横に蹴れは誤解!?

アマチュアゴルファーの典型的な症状のひとつとしてダウンスイング中に前傾角度が崩れて、スイング軸が保てないというものがあります。そもそもスイング軸を保ちたい理由はなぜかというと、軸が左右に傾くとスイングプレーンの向きそのものも変わるし、最下点も変わってしまうので打点も変われば球筋も変わってしまいます。前後に傾く、特に後ろに傾く場合は前傾がなくなるということですが、ボールに届かなくなったりしてトップが出やすくなったりととにかく軸がぶれることによる悪影響は無数に存在するのです。ですから、できるだけ軸をキープした方が良いだろうと言われています。

なぜ右足を横に蹴れと言われるのか?

スイング軸を保つことの重要性はなんとなくお分かりいただけたかと思います。ではなぜ右足を横に蹴れと言われるのでしょうか?前傾が崩れることの原因のひとつに右のおしりが前に出てくるから骨盤が前に移動してしまうからというのがあります。ですから、前に出すのではなく横に動かそうというシンプルな考え方で「横に蹴れ」というレッスンが普及したわけです。

スイングは3次元!右足は前に動いてOK。

しかし、実際に右足を横に蹴ろうとすると右腰が左に寄ってきてしまいます。そうすると左際がスライドして壁がなくなってしまったり体の回転を阻害するようになります。それでは本末転倒です。

ではどうしたらよいかと言うと、ふつうに右足は前に動いてOKです。その代わりに左足が後ろへ動けばいいのです。前に行くものと、後ろに行くものが入れ替わることで「回転」が生まれます。また、前に出たはずの膝は回転したことにより向きを変えるのでむしろこの方が画面では右足を横に蹴ったかのような見た目になるはずです。

ということでスイングの中の動作を考えるときは常に「3D感覚」を持っていましょう!というお話でございました。是非動画ご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です